事業計画書作成支援

売上アップ、業務効率化、人材育成など、中長期の経営の指針となる事業計画書を作るお手伝いをします。事業計画の作成は、計画書という成果物以外にも、計画書を作成する過程の中で、経営環境や強み・弱みなど、自社の経営を見つめ直す良い機会となるという副次的な効果もあります。計画作成のプロジェクトに後継者やコアとなる従業員を含めることによって後進の育成にも役立てることができます。また、一度事業計画を作っておくことで補助金・助成金申請時の基礎資料とすることもできます。

経営力向上計画作成支援

経営力向上計画とは、中小企業者が人材育成、コスト管理、マネジメントの向上や設備投資などの経営力を向上させるための取組内容を記載した事業計画のことです。 経営力向上計画を作成して、該当する事業別の主務大臣に申請し認定を受けることで、主に以下のメリットが得られます。

①設備投資を行った設備に関して、固定資産税が3年間半分になる
②法人税について即時償却(設備を全額経費処理)または税額控除ができる
③政府金融機関からの低利融資、民間金融機関の融資に対する保証枠の拡大等の金融支援が受けられる
④特定の補助金(ものづくり補助金・IT導入補助金)の審査において加点される(採択されやすくなる)

本サービスでは、経営力向上計画の認定申請書作成のお手伝いをさせて頂きます。また、計画書の提出時に必要となる情報の提供や、提出後に担当省庁から指摘事項があった場合にはすみやかに対応するなど、申請書作成のみに留まらず認定までのフォローを実施いたします。

経営改善計画書作成支援(事業再生支援)

企業の経営改善および事業再生のための調査・分析・計画の立案・モニタリングを行い、経営改善・事業再生を支援します。作成にあたっては経営陣からのヒアリングの他、現場の従業員からのヒアリング、場合によりワークショップなども活用しながら窮境要因の特定および強みを活かした改善策を検討していきます。

補助金申請支援

当社では、主に中小企業団体中央会や商工会・商工会議所などの経済産業省管轄の補助金の申請支援を得意としています。補助金は採択されればそれで終わりではありません。大切なのは、事業終了後の実績報告や証ひょう類の提出であり、それらの作業は慣れていなければ煩雑な作業と感じるものです。当社は高い採択率はもちろんのこと、実際に補助金の採択を受けた後の運営に関するフォローや報告書類の書き方なども合せて支援します。