経営革新等支援機関に認定されました

こんにちは、代表の山田盛史です。
この度、当社は経営革新等支援機関(認定支援機関)に認定されました。
そこで、認定支援機関とは何か?どんな支援をしてくれるのか?
についてご説明したいと思います。

経営革新等支援機関(認定支援機関)とは?

経営革新等支援機関(認定支援機関)は、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、税務、金融及び企業財務を中心とした専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

近年、中小企業を巡る経営課題が多様化・複雑化する中、中小企業支援を行う支援事業の担い手の多様化・活性化を図るため、平成24年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」が施行され、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関を認定する制度が創設されました。

どんな支援をしてくれるのか?

当社にて実施している支援内容としては以下のようなものがあります。

① 経営の「見える化」支援(ビジネスデューデリジェンス)
経営革新または経営改善を必要とする中小企業の財務状況、事業分野ごとの将来性、市場動向等の外部環境、また経営資源の内容等に関する内部環境、その他経営の状況に関する各種調査・分析を行います。

② 事業計画の策定支援
調査・分析の結果等に基づく中小企業の経営革新や経営改善に係る事業の計画(経営改善計画、資金計画、マーケティング戦略計画等)の策定に係るきめ細かな指導及び助言を行います。

③中小企業支援施策を活用した支援
中小企業支援施策を有効に活用した支援を行います。支援施策は補助金、融資制度等を活用する資金調達のほか、経営革新計画、先端設備等導入計画などの税制優遇施策等があります。

今後も認定支援機関として中小企業の皆様に対する幅広い支援を行っていきます。
お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です